精力剤は国内製造&GMP認証を受けた製品が信頼性が高いです。

国内製造かどうか

 

精力剤の安全性や品質を見る上で製造国を重要な指標になります。
精力剤はマカやオットセイ、漢方など素材は海外のものが中心ですが、日本で加工・製造しているかが重要なポイントになります。
海外製品よりも日本製品のほうが確実に優れているとは言い切れませんが、全体的に国内製造は粗悪品が少ないです。

 

国内製造を信頼できる理由

世界と日本の国旗

日本は品質管理の規定が厳しく、定期的に保健所の監査なども入っています。
衛生管理がしっかりしているのはもちろん、物価や人件費が高い地域なので工場を稼動させるのにコストがかかります。
製造にあたる投資コストが高いので、粗悪品を作って行政処分を受けたり悪評が広まって売れなくなってしまうリスクが大きいです。

 

そのため、国内製造は衛生管理はもちろん、品質管理も徹底して行い効果の高い精力剤のみを製造しています。

 

認証システムの情報が豊富

 

国内ではISOやJADA(サプリメント認証プログラム)、GMPなどの認証を受けている工場が多く、受けた認証の信頼性もネットで簡単に調べられます。
工場や製品の認証制度は海外にもありますが、国や地域によっては簡単に認証を取れるものを、あたかも凄い厳しい基準をクリアしたような表記でアピールしていることもあります。
精力剤を選ぶ時は生産国はもちろん、受けている認証の種類と信頼性もチェックしておきましょう。

 

日本人向けに開発されている

 

精力剤は人によって効果に個人差があります。
日本製造のものは日本人をベースにデータを取った商品がほとんどです。
海外製品ではモニターテストで高い数値を出していても外人でデータを取ったもので日本人は効果を得にくいケースもあります。
一部では海外製品を日本人向けに改良したと明記しているものもありますが、研究やデータなども含めて日本製造の方が信頼性は高いです。

 

性能に差の出る理由

 

配合成分や含有量が同じでも精力剤の商品によって効果に大きな差が出ることもあります。
理由は以下の3つです。

 

  • 素材が粗悪品
  • その他の有効成分の量が少ない
  • 各成分が邪魔をして複数の成分を配合している相乗効果が出ていない

 

粗悪品で多いのは安物の素材を使っているためです。
たとえば精力剤で人気のマカは天然のバイアグラとも言われていて、ペルーのアンデス山脈の中でも標高4000メートル以上の高地、フニン県で栽培されている物が高級品として広く世界で人気を集めています。
粗悪品は安さを理由にペルーではなく隣国で標高の低い地域のマカを使っているので、配合量が多くても効果は少ないです。

 

また、精力剤は複数の成分を配合していてバランスも重要です。
粉末にされた材料費はそれほど高いものではないので、粗悪品はむやみに有効成分を詰め込んでいます。

 

日本製造は、そもそも人件費や工場の稼動コストが高いので細かい所にケチることはせず、品質で勝負しています。

 

同じ素材でも品質の良いものを集めたり、黄金バランスを研究するのは日本の得意分野でもあります。

 

海外製は強力なものも

 

増大効果のある精力剤など海外製は国内製造より強力なタイプもあります。
副作用などリスクはありますが、強い効果を求めるなら海外製もオススメです。

入門用としては国産を選んだ方が無難です。